本当に強い女性

File_001(4)
昨年、【喜楽里】というお酒に出会い
そのお酒を造っている女性のことを聞き
どうしても会いたくなって和歌山の有田川町にある
高垣酒造さんへ昨日伺ってきました。

漫画「もやしもん」にも登場した、
幻の酒ともいわれた【龍神丸】を造りだした蔵。

その龍神丸を造っておられた高垣淳一さんが
2010年8月に脳幹出血で突然の他界。

あまりに突然の死を受け入れることのできず、枯れることなく涙が出続ける毎日。
そんな中、その年の酒造りのシーズンがやってきて
ご主人の帰ってくる場所であるこの蔵の
170年間、戦時中も絶やすことなく続けてきた酒造りを絶やすわけにはいかない!!と、

3人の子供さんを育てながら、経理こそ手伝うことはあっても
ほぼ専業主婦だった酒造りをしたことのなかった奥様の任世さんが
電話で知り合いの先生や他蔵の杜氏さんのアドバイスを仰ぎながら
酒造りを開始。

そんなとてつもないことをやってのけるなんて
いったいどんな方なんだろう!!と
数か月前にアポを取って、会いに行きました。

File_007(5)

お会いするまでは、
失礼ながら勝手に【強そうな女性】を想像していましたが
実際にお会いした第一印象は
小柄で華奢で可愛らしい印象でびっくり!!

いろんなお話をさせていただき
その穏やかな声と話し口調から伝わる
まっすぐなお人柄、責任感の強さ、
ご主人への愛をひしひしと感じました。

 

酒母室の中で大切に育てられている状態の写真

File_005(3)

File_007(2)

File_006


タンクに漫画「もやしもん」に登場する
麹菌のキャラA・オリゼーの直筆イラストと
作者 石川雅之さんのサインが(^^)
(醪と会話しているような故 淳一さんから
キャラクターのヒントを得たそうです!)

←新酒鑑評会用のお酒たち。

 

それから6年。

大きな機械を使うでもなく、
お米や水も手で運ばなければならない重労働な昔ながらの造り方で、
今も、寝る間も惜しんで子育てをしながらお酒造りをなさっておられます。

そんな深い想いで造られている
飲むと、そのまっすぐさと愛を感じられるお酒♡
シェールでも皆さんに楽しんでいただけるように
ご用意いたしますね(●^o^●)