実直と破天荒の間

08050001

DRCの12人しかいない正社員として14年間
ロマネ・コンティとラ・ターシュの栽培と醸造を
担当されていたアンリ・オーディフレッド氏のセミナーへ
参加してきました。

今は、実家のドメーヌを継いでおられて
毎日黙々とただひたすら
畑仕事をなさっているアンリ氏なので
セミナーをするのも、飛行機に乗ったのも
初めての経験とのことでした。

A.O.Cごとの醸造組合の話や
ブルゴーニュの現状などを聞かせていただき

10年来アンリ氏と親交があり
通訳・進行をなさっている方から
彼の日常の様子やプライベートなお話しまで
聞かせていただきました!

まっすぐが為に、
様々な困難をも受け入れ
納得のいかないしがらみを受け入れない
信念、お人柄に
とても好感を持ちました(^^)

(ご本人は
まさか、そんなことまで話されているとは
思ってもおられないだろうと思いますが^^;)

広域クラスにさえ、DRCの思想を体現し
とても深く耕しているアンリ氏。

毎日黙々とただひたすら
畑仕事をなさっているその手は
とても大きく、
ブドウと土の色が染み付き
全てを物語っておられました。

そんなアンリ氏が造ったワインは
お人柄を表すかのような
優しくピュアな果実と滋味深さを兼ね備えた
味わいでした。

これをお読みくださったのも何かのご縁♪

ぜひ、ドメーヌ・オーディフレッドのワインを
飲んでみて下さいませ(^^)

 

160805_1551-0010